ネット副業で注目されるアフィリエイトの仕組み

インターネット上のサイトに横長や縦長の広告が貼ってあるのは、誰もが見たことがあるかもしれません。
興味がなければスルーしてしまいますが、自分が気になっているモノの画像などが貼っていあると、ついクリックしてしまいたくなりますよね。このような広告を、自分のブログやホームページに貼り付けることで、それらを目にした人が商品を購入したり、はたまた資料請求したりすればお金がもらえる仕組みがアフィリエイトです。

アフィリエイトの良いところは、在庫を抱えるリスクがないことです。普通に商売を始めるためにネットショップを開設するとなると、商品を仕入れたり保管したりといった手間がかかり、そのためのコストがかかってしまうリスクがあります。

しかし、アフィリエイトならば、直接商品を販売するわけではないため、在庫を抱えたり元手がかかったりすることはありません。
しかも、広告を自分で営業して取ってくるということもありません。

広告はアフィリエイトサービスプロバイダーと呼ばれる業者のもとに集まってくる広告を使えば良いのでとても簡単です。
ネット副業として気軽に始められる点も、アフィリエイトの良いところです。

アフィリエイトを始めるためには、広告を掲載するためのブログを開設することが必要です。ブログを開設するためには、専用のサービスを利用します。有料のサービスもありますが、中には無料サービスもあるので、初心者はそれらを活用すると良いかもしれません。

ブログの開設が済んだら、次はアフィリエイトサービスプロバイダーへの会員登録が必要です。登録には氏名や住所、開設したブログのURLや報酬の受け取り銀行口座などの情報を入力して手続きを進めていきます。会員登録が済んだら、ブログの記事の内容を考慮しながら広告を選びます。

貼り付ける広告が決まったら、広告主へ提携の申請を行います。ここで注意したいのは、申請したら必ずしも通るのではなく、場合によっては審査が必要なケースがあることです。
とはいっても、違法サイトや公序良俗に反していないサイトかどうかをチェックするものなので、日記のようなサイトであれば問題なく審査が通るでしょう。提携完了の通知が来たら広告が使えるようになります。

提携が完了したら、ブログの記事を書いて広告を貼るようにします。
あとは広告主が設定している商品購入・資料請求などの条件を満たすことで、報酬が発生するようになります。

そして、アフィリエイトサービスプロバイダーが設定している最低支払金額を満たせば、指定した銀行口座にお金が振り込まれるのです。